30歳代で未婚男性の現実とは

 

30歳代で未婚のオタク男性の現実はどのようなものでしょうか?

 

未婚問題を調べるに、まずはその現実を確認しておきましょう。

 

実際、どの程度のオタク男性達が未婚なのか、どのような時代的変化の結果、現在の状態に至っているのか、各種の調査結果を見てみましょう。

 

30歳代前半で2人に1人、後半で4人に1人が未婚30代男性のうち、どのくらいの割合のオタク男達がが結婚していないのでしょうか。

 

周囲を見渡して見ての感覚は、どうでしょうか?

 

半分近くが未婚かな、とか、うちの会社ではほとんど結婚しているかな、とか、だいたいの感触はありますよね。

 

少なくとも、「昔に比べて未婚男性が多くなった」という実感はありませんか?

 

30歳になった時点で未婚である比率を「生涯未婚率」と言いますが(30歳で未婚だからといって、生涯未婚とは限らないのですが。

 

このような統計ルール自体が古いという指摘もありますが・・・)、生涯未婚率は、この20年で急速に高まっているそうです。(総務省統計局「国勢調査」)。

 

男性の生涯未婚率は、1980年には2.60%でしたが、1990年には5.75%に上昇、2000年には12.57%に達しています。

 

1980年の段階では、女性の生涯未婚率のほうが4.25%と上回っていましたが、1990年には逆転。

 

2000年の女性5.82%に留まっているので、男性の12.57%は大差をつけていることになります。

 

この20年の間に、男性はひたすら未婚への道を歩み続けているのです!

 

2002年に国立社会保障・人口問題研究所が2050年の推計を出していますが、それによると女性の生涯未婚率は、16.8%と推計されています。

 

そうなるといったいオタク男達は、どうなってしまうのでしょうか!!

 

女性の生涯未婚率が3倍に膨らんでいることを考えると、男達も約13%から3倍になって、3人に1人が生涯未婚になってしまうではないですか!!

 

推計は、合計特殊出生率を推計するためのものなので、オタク男達の生涯未婚率の推計はされていませんが、オタク男達の数字が発表されたら大きな衝撃があるかもしれません!

 

一方、2004年の段階での人口動態統計(厚生労働省)による平均初婚年齢は、女性27.8歳、男性29.6歳です。

 

また30~40歳の男性未婚率は、42.9%、35~39歳の男性未婚率は25.7%、40~44歳の男性未婚率は、18.4%となっています。

 

30代前半だと約半数が独身。

 

30歳代後半になってやっと4分の1に減り、40歳代になっても、5人に1人程度は、「売れ残っている」ということになります。(総務省統計局「国勢調査」)。

 

もはや「30代未婚男」は一部の特異な男性の話ではないのです。

 

これはオタク男達にとって、「ごく平均的なオタク男像」になろうとしているのです!!

さっさと結婚する男達といつまでも結婚しない男達がいます。

 

 

このわずか20年の間に、男はすっかり結婚することを忘れてしまったているようです。

 

もちろん女性も未婚化しているのですが、どうも男女では、変化の仕方に少々違いがあるようなのです。

 

男女別の初婚年齢の推移を見てみますと、女性が確実に晩婚化しているのに対して、男性は早く結婚する人と、晩婚化している人と二分化しているように見えるのです。

 

初婚年齢でもっとも多いのが25~29歳というのは、以前と変わらず、単なる晩婚化ではなく、「多様化」といってもいい変化をしていることがわかります。

 

女性がグループとなって晩婚化への道を歩んでいる一方で、男性は若くして結婚する層と、なかなか結婚しない層とに分かれてきているのです。

 

実は、若い男性は以前と比べて、それほど年下ではない、同年代の女性を結婚相手として希望する傾向が出てきています。

 

例えば20歳代前半の男性の場合、結婚相手として同い年を希望する割合は、1980年の10.2%から2000年には32.9%に上昇し、20歳代後半でも3.5%から20.2%へと増えています。(国立社会保障・人口問題研究所「第哩回出生動向基本調査」2002年)。

 

あるグループのオタク男達は、20歳代の間に同年代の女性とさっさと結婚してしっまっているのです。

 

多様化はなぜ起こっているのでしょうか?

 

いわゆる「結婚格差」のようなことが起こっているのでしょうか?

 

あるグループオタク男達は、あっけないほどあっさりと結婚してしまい、そうでないオタク男達は長い独身生活を送るということなのでしょうか?

 

モテモテの人が早く結婚して、そうでない人が売れ残るのかといえば、それほど単純な図式でもないのです。

 

ひとつ明確なのは、彼女との間に子供ができてしまった人は、早く結婚することになるということだけです。

 

今や子どもができたことを理由に結婚する「できちゃった婚」カップルは、20歳代前半では、過半数の63.2%、20代後半でも22.9%に達しています。(厚生労働省「出生に関する統計」2006年)。

 

どうであれ子供ができてしまえば結婚するでしょうが、同世代の女性と恋愛し、子どもができて結婚していくオタク男達グループと、そのタイミングを逃して長期戦にもつれ込んでいく男グループとが存在しているのは間違いないのです。

 

30歳を過ぎて婚活を始めるなら、婚活サイト登録をおすすめします。

30歳を過ぎても男達に結婚のあせりは無いように見受けられます。

 

そういう時代かもしれません。

 

特にオタクともなればなおさらの感じがします。

 

オタク男達の早めの対応はこちら!!>>>話題沸騰!オタクに寄り添う婚活【とら婚】

タイトルとURLをコピーしました