オタク男達のコミュニヶーションカは、低下している?

オタク男のコミュニケーションの必要性

 

未婚・晩婚者の一部には、社会人としての「基礎力」が欠如しているという理由が存在しているようですね。

 

いわゆる対人能力の欠如というものです。

 

合コンの場面でも、自分から女性とコミュニケーションが取れないとか・・・・・

 

会社でも同僚の女性とうまく話ができないとか・・・・。

 

または、何を話していいかわからないとか・・・・・。

 

そのようなコミュニケーション力が欠如している状態であれば、婚活・結婚という前に恋愛関係が成立するのはちょっと厳しいかな・・・・・。

 

対人関係を円滑にするには、いくつかの必要な要素があるんですね。

 

まず相手との間に親しい空気を作れること。

 

コミュニケーションの大半は、何を言うかではなく、どのような表情で言うか、どのような声の調子で言うかで決まります。

 

そうです、まず笑顔です。

 

心理学者のマーラビアンは、実験の結果から、対人態度=表情×55%+音声×38%+会話×7%
という法則を導き出しています。

 

女性と親しくなることが苦手なオタク男ほど、表情や音声に無頓着になりがちです。

また、会話の内容に気を取られて、何を喋っていいかわからずにコミュニケーションを止めてしまいがちになります。

 

笑顔を浮かべた、やさしい表情で相手の話をしっかり聞く。

 

笑顔がぎこちないなら鏡を見て練習ですね。

 

これは、表情筋を鍛えることになります。

 

そして、合いの手を入れながら、うなずいたり、感心したり、というリアクションをとります。

 

これだけで全然違いますよ。

 

実は、このような初歩的なコミュニケーション力の欠如という問題は、しばしば就職力の観点で語られることもありますからね。

 

実は、オタク男にコミュケーション力を持っています。

 

結婚と就職というのは意外と共通するところがあるようです。

 

どちらも、就職するのが当たり前、結婚するのが当たり前と思われていたうちはよかったですが、「なぜ就職するの?」とか「なぜ結婚するの?」とか考え始めると奥の深い問題で、動けなくなってしまうというところも共通しています。

 

そして、コミュニケーション力の高さが、「いい就職ができるか」「いい結婚ができるか」というところも共通しています。

 

まず相手と親和し、次に共感し、そして信頼してもらう。

 

そのようなコミュニケーション力の基礎を持っていれば、オタク男は彼女を作ることができます。

 

就職の分野では、このようなコミュニケーション力を含む対人能力や、対自己能力、対課題能力を合わせて、どのような仕事をするにしても必要な「基礎力」と呼ばれています。

 

そのような「基礎力」の概念はきっと結婚や恋愛にもあって、まずオタク女性と知り合い、恋愛関係になる上で、どうしても必要な能力があるにもかかわらず、それを身に付けない30代を迎えてしまっているということなのではないでしょうか。

 

コミュニケーション力は、どれだけ多くの人々とコミュニケーションをとってきたかという経験が重要です。

この分野は、オタク男が苦手とする分野ですが、少数の仲の良い、多くを語らずともわかってくれる人とだけオタク生活していても、ある程度コミュニケーション力は身についています。

 

30代未婚男調査の結果では、女性とまったく付き合ったことがないという人が8.4%いて、まったく自信がない事柄として「コミュニケーションスキル」を挙げる人も11%いた。

 

単に親しくなれるかどうかというだけでなく、相手と理解し合えるか、共感できるかという段階のコミュニケーション力を磨けば、婚活・結婚の可能性を大きくしていくはずです。

 

このコミュニケーション力を伸ばすためにも、オタク男にもできる彼女、婚活、結婚情報サービスのサポートがが必要です!!

 

オタクに特化した結婚情報サービス「とら婚」

 

>>【とら婚】


タイトルとURLをコピーしました