やってはいけない!女性がオタク男から離れるしぐさと好きになるちょっとした行動!

オタク男がやってはいけないちょっとした行動やしぐさ!

オタク男は、女性にそのちょっとした行動が見られています。

また日常的なしぐさをも観察されています。

オタク男が見せるマイナス面の行動やしぐさを見てみましょう。

いつもスマホや時間を気にしている男

スマートフォンや携帯を操作したり、時間を気にしている忙しそうな姿は、恋が始まった後なら「忙しいのに私に会いに来てくれるのね」と印象アップに筆がるかもしれません。

 

しかし、恋が始まる前だと、「私といて退屈なの?」と逆にマイナスの印象になります。

 

恋の始まりは、忙しくてもちょっと「余裕ぶる」ほうが得策なのです。

料理の注文をするときに、どの店員に声をかけようか、手を挙げながら迷う。

メニューを決める時優柔不断な姿や、恥ずかしがって店員に聞こえる声を出せないところに頼りなさを感じさせてしまいます。

また、声が小さかったり、店員への態度がバカ丁寧すぎるのも「自信のなさ」を露呈してしまいます。

声はハッキリと、聞こえるようにすべきですね。

ちょっとした間をうまく見つけて、スマートに店員を呼びましょう。

いわゆる、お行儀が悪い人

左手でお皿を持たなかったり、一度に頬張りすぎたり、口にモノが入っているのに話をしようとしたり、食べ方が汚い!

これらも女性が嫌うマナー違反の典型的な例です。

オタク男は、食べ方に無頓着な人が多く、ゆえに女性に比べて比較的食べ方が汚いのです。

女性に幻滅されないためには、普段から食べ方を意識することが大切です。

まずは平日のランチタイムで気を付けてみましょう。

手をテーブルの上に出し、背筋を伸ばして食べるだけでも「スマート」な仕草になります。

それが食事で幻滅されないためのステップです。

貧乏ゆすり・・・。

机の下だから分からないだろうと思うのは、早計です。

女性はしっかりと見ているものです。

「余裕がない人なのね」もしくは、「私との時間がきっと退屈なのね」と女性を落胆させてしまいます。

車の運転が荒っぽかったり、前の車をあおるような運転をする。

荒っぽい運転やワイルドな態度の運転をカッコいいと思い、あえてやっている人もいるかもしれません。

しかし、ワイノレドと行儀の悪さをはき違えてしまうと、女性は引くだけです。

たとえマナー違反の車がいても、いちいち「怒らない余裕」を持つことが大切です。

髪型を気にしすぎる。

髪型を気にするあまり、人前でクシを取り出して髪をとかすポサボサの髪や、不潔な風貌はNGですが、見てくれを気にしすぎると「自分が一番好き」というナルシシスト的なイメージが強くなり、嫌がられます。

最低限の身だしなみを整えたら、後は気にしすぎないように心がけたいですね。

歩くのが速すぎる。

女性はヒールやサンダルなど歩きにくい靴を履いていることが多いので、あまり早く歩くことはできません。

彼女の歩く速さを考えず、自分のペースで歩いては身勝手なヤツだと思われてしまいます。

相手に合わせていつもよりゆっくり歩いてあげる心遣いも、イイ男には必要なことです。

女性は自分勝手な態度を好みません。

女性は「私のことを考えてくれている」、「私のためにしてくれている」と思えるような仕草や行動に弱いのです。

そんなに高級なレストランでなくても、予約をしてくれただけでうれしいという言葉をよく聞きます。

小さくてもよい、何か「彼女のための行動」をひとつ起こすことが大切だ。

ちょっとした行動でも感動するものです。

あるオタク男の話として、以前、とある女性とのデートの待ち合わせの時のこと。

その女性とデートできることがあまりにうれしかったので、改札口から出てきた彼女を見つけるやいなや、車から降りて「おーい」と笑顔で手を振ったことがあった。

しかも両手をかなり長い時間振っていたらしい。

後から聞いたところによると、その瞬間はちょっと引いたらしいが、「この人は本当に私とのデートを楽しみにしていたんだ」ということを確認でき、後からだんだんとうれしくなってきたという。

この女性とはその後うまくいったとのことです。

また、ヒゲ剃りやネクタイを緩める瞬間など、男ならではの機能を紳士的に表現した仕草にも魅力を感じている。

つまり、普段の行動に少し気を使うだけで、今よりもイイ男に映る、ということですね。

オタク女性たちが選ぶオタク男とは?

決める時は、多少間違っても決めましょう。

オタク女性に勧められているオタク男像は、カッコつける場面ではビシッと決め、崩すべきときはしっかり崩すことができる男です。

どちらかに偏っているのはありません。

たとえばカッコばかりつけている人は、自分を崩せず周囲の雰囲気を堅苦しくしたり、気を遣わせたりしていることに気がついていない。

また何事も茶化してしまう人は何かをきちんと決めるべきときにもそれができない。

一事が万事、不真面目な態度で人生のチャンスを逃している可能性があります。

見栄を張りすぎてもしょうがないですよ。

また、オタク男は、自分の性格の偏りを巧妙に隠したがります。

例えば臆病な人や女性的なところのあるオタク男は、男らしく見せようと虚勢を張り、逆に攻撃的で男性的な人は、温厚なタイプに見せようと紳士的に振る舞いがちです。

つまり、知らず知らずのうちに、欠点を隠すために自分と反対の特徴をアピールしてしまっています。

そんなオタク男の、「本当の自分を見られたくない!」という気持ちを頑固に守っている男は敬遠されます。

女性の気遣いもありがたいですね。

オタク女性の側も、オタク男が本当の自分を出せるようにさりげなく糸を引いてくれている場合があります。

貧乏ゆすりなど、明らかに周囲を不快にする仕草を指摘してくれた時などは、オタク男の気持ちを考えての行動だと思って間違いないです。

タイトルとURLをコピーしました