男の魅力は、自信に裏付けされた精神的な「ゆとり」から生まれます。

プライベートな時間で女性が男性に求めるのは、「精神的なゆとりを感じさせる表情」です。

 

マニュアルどおりの、かっちり決められたデートよりも、どこかにフッと力を抜く瞬間があったほうがいいのです。

 

女性が「イイオタク男」と感じる表情は、そんな脱力した瞬間から生まれます

 

例えば、どんなに完璧にエスコートができたとしても、自分自身の顔に「表情」が無ければ、オタク彼女は、まるでホテルのボーイさんにエスコートされているのと同じような感覚を持つはずです。

 

と言うことは、あなたが彼女のためだけに一生懸命行動しているという印象は何も残らず、逆に義務感でやっているとさえ思われてしまいます。

 

それでは、彼女にいい印象を残すことはできないでしょう。

大切なのは適度なリラックス感です。

とても重要なのは、適度なリラックス感と脱力感です。

 

しかし、この「力を抜くタイミング」というものは一朝一夕ではなかなか掴めないのも事実なんですね。

 

力を抜くタイミングのツボを掴むには、「慣れ」しかありません。

 

何もせずに、「自分はダメなオタクなんだ」、「イケてないんだ」と、あきらめてしまうのは大きな損です。

 

まずは、ひたすらオタク女性とのコミュニケーションに慣れることです。

 

初対面の女性の店員に気楽に話しかけてみる、会社の女性社員と会話を楽しむ、昔からの女友達に電話するなど、あらゆる方法を使って、目の前に女性がいる風景を当たり前の状況にするのです。

 

いい意味での「慣れ」は、自分の表情をほぐし、それが結果として、オタク女性に安心感を与えることにつながります。

 

オタク女性たちは、フワフワの真綿の心で包み込んでくれるような表情を、「イイ男」と捕らえているのですから。

 

オタク女性はこんなオタク男を選んでいます。

仕事のとき厳しかったり人を寄せつけないような顔をしていても、プライベートでは表情豊かな人、そんな人を女性は選びます。

 

オンとオフが変わらないような人は、あまり気に入られないようです。

 

と言うのも、仕事もプライベートも同じ顔という人は、仕事が忙しくて自分に余裕のない男だからです。

 

そういうタイプと付き合っても楽しくないだろうし、一緒に家庭を築くのも一苦労しますよ。

 

できるだけ、オンとオフの表情のギャップがある人を選ぶことなのです。

 

もちろん、仕事中はいつも大らかなのに、プライベートになるとムスッとするといった逆パターンのオタク男は、論外ですね。

 

オタク女性は、オフタイムで彼の無邪気な表情を引き出したいと思っています。

 

その表情を引き出すコツを女性は、本能として持ち合わせています。

 

それは、平日の夜や土日など、時間があるときに二人でとことん遊び尽くすことです。

 

「もう疲れた、今すぐここで眠ってしまいたい!」というくらいまで徹底的に遊び尽くすと、女性の本音が出てきます。

 

型にはまったデートばかりではなく、時には一緒に悪ふざけをしてみる、それくらいラフな関係を築いていくことが大切です。

 

そんな状況で自分から見せる、リラックスした無邪気な表情をオタク女性は待っています。

 

その表情を出して彼女が安心感を覚えたらめたもの。

 

自分の仕事の顔とは違う、大らかでいずらっぽい表情を見せれば、彼女はあなたに特別な感覚を覚えはじめている証拠なのです。

 

>>管理人の友人がオタク彼女を見つけた婚活はこちら。

 

タイトルとURLをコピーしました